読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学術書の編集者になろう

30歳の学術書編集者が出版の世界について考えます

横のつながり

労働者よ、連帯せよ! ではありませんが、 他社の編集者とのつながりは貴重です。 とりわけ、若い編集者は少ないので、ときどき集まって、 自社の愚痴を言いながら飲むのは大切。 ゆるい会社からサラリーマンのような会社まで、 いろいろあるのがおもしろい…

ゲンロン

東浩紀さんのつくった出版社。 ゲンロン生中継で手の内を曝け出し、 既存の人文系出版社に対する根本的な批判を展開する。 学術書の編集者としては参考になるところもあるけれど、 学術よりは一般書的な展開をしているようです。 分野が異なるのですが、動画…

重版未定

話題の本を読みました。 出版業界のいまをよく示している本かと思います。 とはいえ、一般書をつくる会社がモデルのようですので、 (ネットで著者の働いている会社もでていますね) 学術書とは進行の雰囲気などはだいぶ違います。

騎士団長殺し

120万部でスタートとうわさのこれ。 営業関係のひとに聞くと、 そこまで行かないのではないかとのこと。 初速が遅いらしいです。 発売前の増刷とか、発売直後の朝日新聞の書評とか、 売りたい気持ちはわかるけど、全然読者を向いていないように感じる。 なん…

一人あたりの売り上げは?

学術書出版社ではどれくらいの売り上げなら経営を維持していけるのか。 経営者のかたは日夜、この問題に取り組んでいるのだろう。 この前はなした学術書出版社のかたは、 書籍のみの会社であれば、一人あたり3000万かな、と仰っていた。 10人の会社なら3億の…

期末の刊行ラッシュ

これ、どこもそうなのでしょうか? 僕の経験は少ないですが、2社ともそうです。 他社をみても、小さいところは基本的には同じように感じます。 でも、これ止めないといけないですよね。 刊行点数をたくさん出したって、売れないのに。 「とはいえ、出さない…

本の売り上げは1990年の3分の1になっている

『創』2017年2月号の新潮社の文庫部長への取材記事より。 新潮文庫の年間販売部数は、 1990年の4400万部をピークにして、 2000年には3000万部を、 2013年には2000万部を、 2016年には1600万部を下回ったという。 1990年からみると、ほぼ3分の1の売り上げと…

筑摩書房

筑摩書房が社員募集をしています。 募集情報からは会社のいろいろなことがわかりますね。 1人1年10冊程度つくるそうです。 じっくりつくれる環境ではなく、結構厳しいですね。 やっつけ的な新書が増えているのも、 こういうところに理由がありそうです。 モ…

学術書の編集者の年収

最近、光文社の編集者の募集がありましたが、 30歳で年収500万円でしたね。 きっとそれまでの社員とは別の賃金体系を取り入れたのでしょう。 出版労連に加入している出版社であれば、 出版労連の資料でだいたい他社の給料もみえてきますね。 学術書だと別格…

出版社ランキング300からみえること

丸善・ジュンク堂のベスト300が発表されました。 もちろん上位の方は、 われわれ学術書出版とは全く関係ありません! でも、プラスマイナスをみていると、 いろいろわかりますね。 あー、やっぱりピケティ効果で、 ダントツにみすずの売上が落ちているな、と…

四六判並製の罠

昔の学術書は基本的に上製でした。しかもA5版が多かったです。 しかし、最近は、学術書を四六判並製にしようという動きがみられます。四六判宣言、なんていうフェアもときどきやっていますね。 たしかに、A5版に比べれば、手にもちやすい。けれども、当然…

職業としての学術書編集者

元東大出版会の山田宗睦さんが書かれた 『職業としての編集者―知的生産としての編集』(三一新書・1979) が好きです。 昔の編集者は偉かった。 というよりも、ロックやディドロをはじめとして、 編集者は学者のなかからでてきた。 青は藍より出でて藍よりも…

全集の時代のおわり

明けましておめでとうございます。 年々、季節感を失っていく日々を過ごしています。 さて、今年の元旦広告を見ましたが、 大きな企画はありませんでしたね。 そんななか、みすず書房が『中井久夫集』全11巻を刊行します。 四六判336頁で3200円ですか。 印税…

おひさしぶりです

転職してから,仕事が増えました。 そりゃそうです。 大きな会社では、印刷会社やデザイナーとやりとりしてくれる担当者がいて, 校正者もいて,といたせりつくせりでした。 小さい会社では,そういったこともぜんぶ自分でやります。 でも,結構いいです。 …

学術書に関心のある人のためのブログ

1、言わずもがな、小田光雄さん「出版クロニクル」 2、月曜社さん「ウラゲツ☆ブログ」 3、有志舎の永滝稔さん「有志舎の日々」 吉川弘文館さんを退社された永滝さんが始めた会社のようです。 人文系には弱いので歴史系は判らないのですが。 4、+αとして…

出版クロニクルI

2007年8月から2009年3月まで。 のちほど感想を。

創文社の系譜

ぼくは出版社の社史を読むのが好きで, 色々と読んでいます。 筑摩・岩波・みすず・未来社あたりは定番として, 講談社・小学館・文春・有斐閣・青林・日本経済評論などなど。 ただ最近は不況のためか減っています。 編集者本でもある程度は代替できます。 …

創文社

ついにツイッターで流れ始めました。 あの伝統ある学術出版の雄, 創文社が数年後に会社を解散するそうです。 人文社会科学を志す者なら, 誰しも一度は手に取ったことがあるのではないでしょうか。 私も10冊前後,お世話になりました。 知り合いの著者から…

大きな会社と小さな会社

出版社自体,大きい会社はほとんどない。 講談社・小学館・集英社だって,正社員は1000人以下では? その社会的な影響力に比べた業界の小ささ。 ましてや,学術書の世界なんて・・・・・・ 学術の大手,岩波だって,200人いないだろうし, みすずや勁草など…

おすすめ本

学術書の編集者といっても,ピンキリ。 教養新書の編集者だって学術と言えないこともない(特に中公の歴史系など)。 分野によっても違うので,狭い範囲の話にならざるを得ない。 ぼくは社会科学系の学術書の編集をしている。 そして,そのなかでも,政治か…

はじめます

出版不況が叫ばれています。 雑誌の苦境は相当前から言われてきました。 書籍でも新書レーベルの乱立をはじめとする廉価本への集中や, 硬派な書籍の苦境などが言われるようになり, 学術の名門出版社の営業停止のうわさが飛び交います。 これからますます厳…