読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学術書の編集者になろう

30歳の学術書編集者が出版の世界について考えます

筑摩書房

筑摩書房が社員募集をしています。

募集情報からは会社のいろいろなことがわかりますね。

 

1人1年10冊程度つくるそうです。

じっくりつくれる環境ではなく、結構厳しいですね。

やっつけ的な新書が増えているのも、

こういうところに理由がありそうです。

 

モデル年収ものっています。

年収500万円/27歳
年収700万円/32歳

これは書籍のみの会社にしてはすばらしいですね。

金持ち父さんのおかげで、倒産から完全復活でしょう。

 

学術編集者として気になる点。

 

ちくまといえば、学芸文庫の最近の充実はすごい。

だけど、どこまで続くかな、という感じもします。

統一感がないんですね。

文庫でも5000部以下スタートかもしれません。

 

完全にペーパーバック出版社へと変貌したちくま。

創業者たちの思いとは全く異なるかたちに進化し続けている。

(むかしの全集や展望時代の筑摩が好きです。)