学術書の編集者になろう

30歳の学術書編集者が出版の世界について考えます

騎士団長殺し

120万部でスタートとうわさのこれ。

営業関係のひとに聞くと、

そこまで行かないのではないかとのこと。

初速が遅いらしいです。

 

発売前の増刷とか、発売直後の朝日新聞の書評とか、

売りたい気持ちはわかるけど、全然読者を向いていないように感じる。

 

なんというか、これで活字文化とか出版文化うんぬんされてもね。

新潮社さん、朝日新聞さん、にはがっかり。